サイトマップenglish

近畿大学工学部ロボティクス学科

教育について

教育目標 Educational goal

ロボットは、自動車、電子機器などの産業分野、介護・手術支援などの医療福祉分野、エンターテイメント、セキュリティなどの生活支援分野、宇宙・海洋資源探査などの開発分野、被災地における人命救助などのレスキュー分野など、様々な分野において活躍し、重要な役割を担っています。このようなロボットを開発するためには、機械、センサ・アクチュエータ、制御システム設計、インターフェース、人工知能など多くの知識と技術が必要であり、それらを統合することによって様々な機能を持つロボットが作られています。近年これら技術とIT(Information Technology)との融合が進んできており、ロボットの製作に携わる技術者は、広範囲にわたる知識と技術の修得が要求されます。

本学科では、このような時代のニーズに応えるため、 「I can do it.」 をキーワードに、機械工学、情報工学、電気電子工学、制御工学など、幅広い工学知識と技術を系統的に学習できる教育プランの下で、ロボットを作り出すために必要な基礎知識と技術を修得します。これにより、様々な機能を持つロボットの開発において直面する問題を自ら解決する能力を育成するとともに、新しい機能や高度な知能化技術などを備えた新時代のロボットを開発することができる創造性豊かなメカトロニクス技術者を育成することを目指します。

本学科では、以下の教育目標を定めて実学を重視した教育を行っています。

  1. 技術者としての社会倫理観の養成
  2. 工学の基礎知識の修得
  3. 工学の基礎知識と技術を駆使して創造性豊かなデザイン能力の養成
  4. 課題発見・解決能力の養成
  5. 論理的思考に基づくプレゼンテーション能力、および外国語による基礎的なコミュニケーション能力の養成

学科ポリシー Policies

【アドミッションポリシー】(入学者受け入れの方針)

ロボティクス学科は、ロボット工学を体系的に学び、幅広い専門知識に基づく実学教育を通じて、柔軟な思考力と豊かな創造力をもつメカトロニクス技術者を育成します。このために、次のような入学者を受け入れます。

  1. ロボットの設計・製作に関わるメカトロニクス技術に対して強い学習意欲と熱意を持ち、必要な基礎学力を有する人。
  2. 人間と自然の調和に関心を持ち、創造性豊かな技術者として社会に貢献することを目指す人。
  3. 未来の産業技術の研究開発に意欲を持ち、技術者として工学的な視点から課題発見と問題解決に取り組める人。
  4. 技術者として国際社会で幅広く活躍したいと考える人。

また、ロボティクス学科に入学するまでに、次のような教科の内容を理解していることが望まれます。

国  語 : 文書の読解力と表現力、論理的思考力。
外国語 : 基礎的な文法を理解し、正しく構文できる表現力。
数  学 : 数学Ⅰ・数学Ⅱ・数学A・数学Bの基礎。
理  科 : 物理基礎・物理の基礎。特に運動、電気、磁気の基礎知識。

【カリキュラムポリシー】(教育課程の編成方針)

ロボティクス学科では、「I can do it.」を合言葉として、学生が自らロボットを製作することによって、急速に発展する産業技術に対応できる行動力と創造力を身につけることを実現するため、カリキュラムを次のように編成しています。

  1. ロボットの設計と開発に必要な専門知識を修得するため、低学年の学生を対象に工学の基礎となる数学、物理、情報処理の科目群を開講します。
  2. 学年の進行に伴い、ロボットの研究開発に必要とされる機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学などの分野の幅広い専門科目群を提供します。
  3. 学生自らの課題発見と問題解決の能力を養うため、ロボットづくりの技術を中心とする実験・実習・演習の科目群を各学年に設置しています。
  4. ディスカッションやプレゼンテーションを積極的に取り入れ、幅広い教養とコミュニケーション能力を体系的に養成します。

【ディプロマポリシー】(卒業認定・学位授与に関する方針)

ロボティクス学科では、未来の産業技術のイノベーションを担う創造性豊かなメカトロニクス技術者を育成するという目標を実現するため、幅広い専門知識が中心となる実学教育体系を設置しています。このような教育カリキュラムのもとで履修を行い、所定の単位を修得した学生に卒業を認定し、「学士(工学)」の学位を授与します。卒業までに身につけるべき資質と能力を以下に示します。

  1. 人間社会および自然環境の共生共存に対して、豊かな教養と高い倫理観を持ち、技術者としての使命感と責任感を持つこと。
  2. 機械工学、電気電子工学、情報工学、制御工学などの分野の幅広い専門知識を体系的に学ぶことによって、技術者としての課題発見と問題解決の能力を身につけていること。
  3. 論理的思考力、プレゼンテーション能力、および外国語による基礎的なコミュニケーション能力を有すること。

カリキュラム Curriculum

カリキュラム一覧

カリキュラムとは、4年間の間にどのような事柄を学び、どのような知識・能力を身につけることになるのかを体系的に示したものです。 ロボティクス学科では、カリキュラムポリシーにしたがい、「工学基礎(数学、物理など)」「共通」「実験・実習・演習」などの科目に加え、「設計・製造」「電気・電子」「制御・メカトロニクス」「情報」などの科目が開講されています。詳しくは下記サイトを確認してください。

カリキュラム:ロボティクス学科

シラバス

それぞれの科目の詳細は、シラバス(授業内容、評価方法、スケジュールなどが書かれている計画書)に書かれています。下記サイトより検索してください。

今年度のシラバスはこちら

Sitemap
English
PAGE
TOP